各航空会社の運賃の比較

旅行やビジネスの際に飛行機を利用したいという方もいらっしゃるでしょう。
最近では、その飛行機券代金やサービスを選びやすくなりました。
チケットという事を考えた時、やはり気になるのが「どこがお得なのか」ということでしょう。
そこで今回は、いくつかの航空会社を取り上げて運賃比較をしていきたいと思います。
条件は利用者数の多い土曜日からの3休日・東京から沖縄と考えます。

JALの運賃について


皆さんもご存知の大手航空会社のJALですが、運賃は以下の通りになります。

普通料金で46080円となります。
先得割引システムを利用することによって16085円から35690円。
スーパー先得を利用すれば15080から33690円となっています。

ANAの運賃について


ANAも代表的な大手航空会社でしょう。

普通運賃は46080円で、旅割45システムを利用して16080円から34690円。
旅割55システムを利用すれば15080円から33690円となっています。

こちらの料金を見ていただくとお分かりかと思いますが、JALと料金差がほぼないということがいえるでしょう。

スカイマーク


スカイマークエアラインズも、最近では空港で見かけることも多いのではないでしょうか。
LCCの中でも大手といっても過言ではないかもしれません。

運賃にいてですが、普通運賃で31190円となっています。
スカイバーゲン45システムを適用させることによって9280円となっています。

ピーチエア


次に認知度はこれからという期待されているピーチエアについてです。

料金は13290円となっています。
適用できる割引システムが用意されておらず、成田空港の視からの便が1本となっています。

比較をして1番安い運賃のものを選ぶ

ここでは、いくつかの割引システムを導入した金額も表示しましたが、これら割引システムは「通常割引システム」として利用ができるものとなっています。
ですので、これらを考えたうえで最も料金的に安くなるのが、スカイマークということになるでしょう。

割引システムを利用せずに普通料金だけを単純比較すると、ピーチということになりますが、先に触れたように1日1本のフライトであること・成田空港からということを考えると「条件的に納得ができてフライトに時間を合わせることができれば」ということもいえるかもしれません。
また、ピーチの場合には先にも触れたように成田までの移動費用というものがかかってしまいます。
成田エクスプレスを利用すれば3000円近くの料金負担が発生してしまいますので、やはりトータル的に考えるとスカイマークを利用するのがお得だといえるのではないでしょうか。

料金を比較する際のポイント

また、料金を比較する際に合わせて考えておくとよいポイントにも触れておきましょう。

まずは「手荷物」です。
旅行日程が短いという場合・手荷物が少ないという場合には、預かり料金が発生しませんからLCC航空会社を利用したほうが結果としてお得になるでしょう。

どうしてもマイルを貯めたいというかたや会員登録しているようであればそのランクを上げたいなどという場合には大手航空会社を利用したほうが良いということになります。

単純に価格を重視するという場合には、先に触れたようにスカイマークならびにそのほかのLCC航空会社を利用したほうが賢明かとも思います。

運賃を比較して見えてくること

今回は運賃の比較について見ていきました。
単純に運賃だけを比較するのか・旅全体を見通して比較するのかという点で変化はしてきますが、運賃という部分ではスカイマークが1番お得であるという事がわかりました。
飛行機を利用されるという方の参考にしていただければと思います。

空旅.com

スカイマーク航空券予約|格安航空券サイト 国内航空券の最安値検索は空旅.com
https://www.soratabi.com/sky/
できるだけ安い航空券をお探しの方には空旅.comがおすすめです。最安値検索ができます。